岐阜市が住むのに適している理由

トップページ
お気に入りに追加
  

岐阜市が住むのに適している理由

岐阜県に住むならば、まず候補に上がるのが岐阜市ということで異論はないでしょう。

岐阜市は岐阜県で最も多くの人が住んでいる街で、岐阜県の県庁所在地で岐阜県の経済活動の中心地となっています。

 

40万人以上の人が生活している岐阜市は市内どこであっても生活インフラはしっかりと整備されています。

濃尾平野の北部にある岐阜市は都市機能がしっかりしているにもかかわらず、長良川や温泉もあるという自然環境も抜群な土地柄と言えます。

 

そして、岐阜市に住むのに適している人は実は名古屋市に通勤や通学で行くという人かもしれません。

 

名古屋市は東海地方の中心地であり、三大都市圏の一角を担う巨大都市です。当然のことですが、名古屋市にはたくさんの企業があり、学校もたくさんあります。

しかし、巨大都市名古屋では家賃や土地がかなり高くなることや物価が高くなってしまうことも避けられません。

 

名古屋市に住むためにはコストがかかってしまうということも意味しているのです。

そこで、名古屋まで鉄道を使えば20分程度で着くことができ、自動車を通勤で利用するというような人であっても名古屋方面の道路事情もよい岐阜市がベットタウンとして人気があるのです。

 

岐阜市では交通至便といってもいい岐阜駅周辺であっても名古屋市比べると家賃や土地がリーズナブルになっています。

もちろんそれだけではなく、岐阜駅周辺では商業施設も充実していますし、物価も安くなっています。